穴掘り伝次郎



終わる世界の7日間

タイトル:終わる世界の7日間
元 ネタ:オリジナル
サイト名:Arcadia(オリジナル板)目次→
著  者:達心
傾  向:恋愛、現代?ファンタジー、ほのぼの

「俺たちは、今、生きているからな……」

オリジナルでファンタジックな恋愛ストーリー。
中長編程度の文章量で完結済みです。

ある日神様から世界の終わりの知らせが流れる。その中で突きつけられた選択は一年で終わる世界か、七日で終わる世界かを選べというものだった。
これは後者を選んだ花屋の店主と、アルバイトの少女が過ごす七日間のお話。
世界の終末を題材としていますが、悲壮感やら決意を固めてといった重い雰囲気はなく、まして世界の崩壊を防ぐため神に(ryなんて熱血展開は一切ありません。山もあり谷もある、しかし普通な日常がただ流れていくだけです。
作品の舞台である那乃夏島(なのかじま)は一個でいうとジブリっぽい。その世界観も見所ですが、何より主人公たちがそこで動き回るのが楽しい、そう思えるほどに彼らの絡みは微笑ましいです。また劇中が七日という短さのため話の進みが速い。しかも我々読者の視点からするとあっという間です。しかし決して内容が薄いというわけではありません。むしろ読み進める程に彼らの日常をもっと見たいと感じるようになり、カウントダウンの終盤になるほど寂しさを感じました。

生きるという意味を考えさせられると共に優しい気分になれるお話です。そこそこの長さで、終わり方もすっきりとしているのでお薦め。
チート転生等が蔓延る理想郷ではいい意味で異端です。感想が少ないのも同じ理由だと思われ。
[PR]
by mosneko | 2011-01-16 22:00 | 二次創作紹介
<< 神咒神威神楽とか リリカルホロウ >>


SS紹介メインのブログ
カテゴリ
全体
二次創作紹介
まとめ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧