穴掘り伝次郎



ベストバウト

前のまとめをちょっと編集。
量が多いので今後も増えそうなのを分割しました。






「……許せませんね」
Knight's & Magic 幻晶騎士VSベヘモス
ロボットものでここまで熱くなったのは初めてだった。主人公の関西弁が苦手な人もこの回は読んでほしい。

「アンタを、終わらせる輝きを……魅せてやる」
こちらリリカルどーぞ ディフェクト&アリシアVSプレシア
姉弟の共同作業。最低ものとして有名な作品だけど、それを補って余りある魅力がシェルにはある。

「だからこそ!貴様と戦う意味がある!」
霊能生徒 忠お!  エヴァンジェリンVS菅原道真
リベンジの回。常に強者として書かれる彼女が、ここでは挑戦する弱者として扱われる。それほどのスペックを持つ相手との対決に胸躍った。

「六連弾奏・“闇の六華”――――全弾一斉射撃!!」
VIATOR 恭也VSエヴァンジェリン
連続幼女。次弾装填するたびニヤニヤしていた。とっても厨臭いのにすごく面白い。

『蒼……か……それが、てめぇの色か……』
魔王ケイブリス ランスVSケイブリス
全てを賭けた戦い。ランスといえば無双する話が多いけど、こんな絶望的な状況も面白い。

「運命に弄ばれたこともないくせに、のたまってんじゃねぇぇぇええええええ!!!」
上条(悪) 上条VS一方通行
互いの心情を全てさらけ出した全力戦闘。同属嫌悪しながらぶつかり合う姿に痺れた。

「これが俺の、生命の輝きだぁぁぁぁぁ!!!!!」
To a you side 良介&ミヤVS傀儡兵
ぶっちぎりで最弱で、尚且つ人間不信の彼が、仲間を信じ自分では適わない敵に立ち向かっていく。自分の血で擬似デバイスを作ったりと超展開、でも熱い。

「今度こそ、己が勝ツ!!」
Re:Monster アポ朗VSミノ吉
一方が全力じゃないが、拮抗した相手が赤熊以来なので楽しめた。また戦闘の規模が凄まじく、途中で他者視点を入れたのもいい味を出している。

「……こいつは正真正銘、私のとっておきだ」
東方先代録 先代VS勇儀
東方なのに殴り合い。鬼と人間のガチンコの勝負に燃えた。

「Auf Wiederseh'n.ヴィルヘルム・エーレンブルグ中尉」
死と薔薇の夜 ヴィルヘルムVSアーカードVS少佐
自称真祖の吸血鬼。彼はその身に同じ血を宿しながらも、眼前の真祖を認めることが出来ない。ここに化物同士の戦いが幕を開ける。詠唱合戦と少佐の活躍が素晴らしい。

「なーに、浮気してやがんだよ」
横島育成計画 忠夫VSメドーサ
邪竜であるメドーサと、それに喰らい付き血まで流させた人間。お互いにアイツだけは特別だと、死合の中で語り合う、それは宛ら恋人のように。

「花火を間近で見たことあるか?」
婚姻異変 良也VS紫
ヘタレだけど決めるときは決める、方向が間違ってるような気がするけど。

「ええ、踊りましょう、殺しましょう。心逝くままに」
魔族の掟 命VSジャンキー&王李
狂人キャラってどうして魅力があるんだろうね。戦闘自体だけでなく、武器の魔剣『キマイラヘッド』とかが凄く好きだった。

「――――抜けよ、絶刀。心がままに」
異世界遊び ディンVSローズ
極限まで強化した肉体での居合いと、聖剣から生み出された風の塊がぶつかり合う。燃えるんだが、最後の西洋剣で居合いって文で我に返った。

「王たる俺を見届けろ。お前の王がどれほどの者かを!」
ゴブリンの王国 王VS巨大鬼
自力の差に加え、地の利までない絶望的な戦闘。一度は瀕死となるが、部下の忠義に呼び戻され再び大敵と向かい合う。この作品は人外ものとしては珍しく、毎度毎度苦戦熱戦するのでお気に入り。

「我が主人となるのならば、この程度の窮地、笑って乗り越えて見せよ!!」
源平剣豪伝 義経VS弁慶
清清しいほどの魔改造。いや、昔の日本人はこれぐらい出来たのかもしれないけど。

「戴天流と神鳴流が雌雄を決する場所として相応しき場所、相応しき時と存じ上げる!」
ネギま!~The Cyberslayer~ 千雨VS月詠
剣を合わせる度に、自分の中の何かが変わってきている。それを自覚しつつも己の全てを剣に籠め、眼前の好敵手との決着を望む。堕ちていくだけだった月詠が、修羅としてではなく、一人の剣士として歩んでいく姿が素晴らしい。

「それが、理由だ。それだけが、俺の信じる大事なことだからだ!!」
トリスタニア納涼祭 サイトVSワルド
彼にとって最も大事な理由のため、心を震わせ剣を煌かせる。好きな女を泣かせたというだけで、その他諸々を切り捨てるのがいい。

「まだ負けていない、わかるだろう。まだ勝てるんだよ」
略 妹様へ 惨敗VS神童
心待ちにした相手との対決。対等になるため己の腕を切り落とし、余計な邪魔が入った最後には…。互いに肉体の欠損など問題にならない超絶技。どこかシグルイを思い出す展開。

「来い、修羅外道」
しゅらばらばらばら 青山VSエヴァンジェリン
斬ることのみを追い求めた修羅と正真正銘化け物となった吸血鬼の頂上決戦。両者共にどうしようもない様だが、終わっているからこそ美しいと思える。

「さあ、坊や。儂からの卒業試験じゃ。見事乗り越えてみせよ」
ショタ勇者さま育成計画 ノヴァVSレッドドラゴン
最弱と蔑まれた少年が勇者たらんとするため巨大な敵に立ち向かう。格上相手の戦闘に加え、これまでの評価を覆す様に物凄くテンションが上がる。他国の勇者が参戦するシーンも良かった。
[PR]
by mosneko | 2013-01-20 10:13 | まとめ
<< 泡沫の夢    >>


SS紹介メインのブログ
カテゴリ
全体
二次創作紹介
まとめ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧