穴掘り伝次郎



泡沫の夢

以前紹介した「終わる世界の7日間」がなろうに移転してた。
しかも作者名を見たらリアルで「あれ?」っと呟いてしまった。改名したのは知ってたけどコレの作者様だったとは予想外にもほどがある。
しかし今回のセラニアンさん以外にも、暇人さん然り、モトオさん然り、アルパカさん然り、過去に実績がある人の作品は外れることがない。とはいえネット小説は泡沫の夢、作者読みが難しい界隈でもあるけど、これからも期待していこう。

あとまとめ作成のため、ちょっと迷走するのでご了承を。
いや本当にジャンル分けが出来ない。ファンタジーで括ると偏りすぎだし、成り上がりで括るとどの作品にも要素がある。唯一切り離せそうなのが、お気に入りの人外という救いようもない話。


略 妹様へ
オリジナルのファンタジー、復讐もの。
妹のあまりの有能さ故に、幼いころから無能として扱われ家を追い出された兄。そんな完全無敵で洗脳染みた崇拝を受ける妹を、御前試合という状況を利用して殺そうとする話。
よくある兄より優れた妹という設定。舞台が御前試合なので、内容はほぼバトルなんだけど、戦闘は熱いわ過去は暗いわで、目的までの過程だけでお腹一杯になる。目玉の戦闘も、主人公の実力が参加者と拮抗しているので手に汗握る展開に。特に神童との対決はヤバイほど燃えた。
積んでたけど読んでみれば凄く面白い。若干読み難い文章に目を瞑れば、熱い展開ありのダークファンタジーを楽しめる。

伝説の少女魔剣 
オリジナルのファンタジー。
へっぽこ冒険者として細々と生活していた少女だったが、ある日突然魔剣を持った男に襲われ魂を喰われてしまう。そのまま消えるはずだった彼女の魂は、剣の意思との相撲に打ち勝ち、主人格として再生することに。しかし心が変わっても魔剣は魔剣、魂を喰らわないと生きていけず、途轍もない空腹感が彼女を襲う。
おにゃのこの剣は割りとメジャーだけど、中の人が残念な性格ってのは珍しいかも。あと生前の悪食が災いして、心の綺麗な魂を食べると吐いてしまうって設定は面白かった。

まじかるエフェクト
オリジナルの現代日常もの。
宇宙人に会ったことがあると信じ続ける男と、自分は魔法使いだと信じている少女、そんな二人が送るキャンパスライフ。
オカルト的な二人がメインで、話もそっちの方向かと思ったらそうはならない。友人関係が、アニメヲタク、同人作家、と見事に別ジャンルの人物なので、話のテーマが定まらず普通の大学生活になっている。その辺りのグダグダ感は大学生らしくていい味を出していると思う。

とある小心な死神の話
オリジナルの現代ファンタジー。
新米の死神が、廃校に住み着く幽霊を成仏させる話。中身は霊の持つ悩みを解決してっていう普通の除霊モノ。それの主人公が死神というのがアンバランスだけど。
死神の設定が中々に面白い。でも難易度からすると、新人とベテランの仕事は逆じゃないかとも思う。

僕が本気を出せない切実な理由
オリジナルのファンタジー、学園もの。
主人公は膨大な魔力を持つ少年だったが、常人のように魔力が回復せず、その才能は有限だった。そのため実力を隠し、荒事に関わらないよう生活していたが、ある女子生徒を助けたことで騒動に巻き込まれていく。
何だかんだで最強モノだけど、有限の魔力っていうのは珍しい。

異世界だってストレスフル
オリジナルの異世界転生。
「魔力を持つ物には意思がある」という世界設定で、意思がある魔法武器は心労が溜まると壊れてしまうため、主人公はそのカウンセリングを商売として生計を立てていく。しかし対話の最中は店が無防備になり、それが問題で…。
手持ちに女の意思が多いので、ある意味ハーレムか。

プリンセス・ダーティー
オリジナルのファンタジー、お嬢と執事。
火事で火傷を負ったお嬢様と、それに仕える執事が父親の危篤を聞き里帰りすることに。しかし火事の原因は父親のせいだと思い込む彼女は、父と妹に罵声を浴びせ碌な会話もしなかった。そんな彼女に付き従う執事の顔には同じような火傷があって…。
某ジーネ様ほどじゃないが、火傷のせいで性格が歪んでるお嬢様。

毒の王
オリジナルのファンタジー。
毒の沼に囲まれた古城に住む毒の王。それを暗殺する命を受けた女だったが、城に近づくのは困難を極めた。そこで毒の沼を踏破するため、酒場で出会った薬師に相談するのだが…。
戦い方が毒毒してないので、そっちを期待すると損するかも。

大海賊時代に降臨する拳王  
ワンピ×ラオウ。
原作の様に組織を立ち上げず、一人の拳法家として強者を求める。
実力的には最強になるのかな?結構引き分けるので一概には言えない。あと個人的に自警団の回が好き。強キャラがモブを育成する展開はお気に入り。

異世界食堂
ファンタジー×現代。
定期的に店と異世界が繋がって、現代の料理で異世界人の舌を唸らせる話。
異世界居酒屋「のぶ」俺は素敵なラーメン屋さんを足して2で割ったような感じ。

相良良晴無双
織田信奈の野望で猿強化。
基本原作沿いで、良晴の身体能力を大幅に増したもの。

ギルド帝国物語
オリジナルのファンタジー。本日の青田。
でも正直エタるような気もする。経験から言うと紹介文で読みたくなるような作品は止まる確立が高い。逆に前書きで内容が掴めないものは当たる気がする。

底辺「ご飯おいしい!」俺「そっか」底辺「うん!」モグモグ
ある程度貧乏なほうが幸せなのかもしれない。

真尋「ニャル子を前から抱きしめたらどうなるか」
ギャップって素晴らしいという話。

勇者「魔王倒すまで何度でも蘇る」
死んでもループの勇者がトラウマを負って…。
[PR]
by mosneko | 2013-01-20 10:17 | 二次創作紹介
<< サレナ ベストバウト >>


SS紹介メインのブログ
カテゴリ
全体
二次創作紹介
まとめ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧