穴掘り伝次郎



<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


神咒祭り



本編よりも熱いと絶賛されるスパロボMADの新作。
2/3と3/3の後半が神咒のネタバレ乱舞。熱いのは当然として、TON☆JI☆CHIやら波旬AA、CSアニメーションと細かいネタの数々に愛を感じられた。
今更だけど守備範囲が広すぎてネタが分からないw


不死騎~戦医ヤン・エッシャー~
オリジナルのファンタジー。
幻想の存在である吸血鬼とそれが起こすグールの繁殖を、現実的な病気という設定に置き換えたもの。
文武両道の医師と弟子が、故意に起こされた伝染病の謎に挑む。

Only Sense Online
オリジナルのVRMMO、デスゲームではない。
初心者の主人公は特に考えもせず、死にセンス(スキル)とよばれるモノを取得し、傍から見れば縛りゲーとしか思えないようなプレイを慣行する。MMOの華である戦闘よりも錬金調合といった生産を主体し、友人や妹がレベルを上げる中一人畑を耕す…なんという作業ゲー。

上条「あれ?」一方通行「アン?」黒子「類人猿と・・・誰ですの」
黒子「白い先輩と黒い先輩ができましたの」
上条「妹にするなら白井だな」一方通行「絹旗だろォ」
絹旗「超大好きです!」黒子「大好きですの!」
禁書のSSスレ。
暇を持て余した上条さんと一方さんがゲストを弄る話。買い物したりお泊りしたり映画見たりと、してることは普通の学生と変わりませんが、登場人物の仲の良さが伝り非常に楽しい。また下手に恋愛したりシリアスになったりしないので安心して読めます。
黒子と絹旗が異常にかわいい、インデペンデンスさんと御坂衆とは何だったのか…。4作品はたぶん同作者の続き物。

カイムの鉄塊はレベルMAX
DODのギャグっぽい再構成。
暴走した唐沢が原因で各エンドが一斉に発生する。地獄絵図というか何というか、色々とぶっ飛んでるので細かい解説はしない。でも主要人物が生き残って大団円というハッピーエンド主義者には嬉しい作品。
ネタ塗れの混沌とした内容で、最後の最後まで展開が予想できなかった。しかしエンディングは綺麗に〆られ、特にDOD2に蟠りを持っている人は必見だと思う。

マンドレイク・フォレストキング
オリジナルのファンタジー。
知能を持ったマンドレイクが、満ちよ満ちよと体を広げ人間の世界を侵食していく。
短編ながら程よくまとめられていた。

紫紺の異端者
BLOODY†RONDOと死神のテスタメントのクロス。
非常に珍しい、というか今まで見たことのない作品のSS。オリ主だけど文章力もあり期待してしまう。

カズマを恋姫にいれてみた
スクライド×恋姫。
題名の通りだけど、この作品のいいところはカズマの再現具合。よく見る日和った彼ではこうはならない。

Silver Bullet and ScarRed Revolver
東方の過去話。
短編の良作なのだが、理想郷よりも別の場所でやった方が評価がもらえるような。

骸骨の夢
オリジナルのファンタジー。
死霊術師が生み出したスケルトンが主人公。主に絶対の忠誠を持つ彼は、おバカな主人に付き従い地獄に転がり落ちる。
ジフ様がいいキャラ過ぎる。

髑髏の物語
オリジナルの転生もの。
死んでも次の生が訪れる二組の髑髏。彼らは死ぬたびに肉体の主導権を入れ替え、片方は傍観し肉体を持った方は思うがままに生きるという関係をもっていた。そして今回肉体を得た髑髏は世界の破滅を願う残忍な性格をしていて…。

死後の展望
転生チートオリ主について。
転生アンチかな?神様とのやりとりメイン。然り然り~。

一夏「人の心に澱む影を照らす眩き光、人は俺をナンバーズハンターと呼ぶ」
ISの再構s…おい、ISやれよ。
遊戯王のSSを読んでいると、デュエルを中心とした狂った世界感がアンチされるのを見かける。でも外野がどう思おうと、本人たちが幸せならいいんじゃないかな。

新たなるEXA
fortissimo//Akkord:Bsusvierとリリカルのクロス。
サーカスのチート魔法使いがstsの世界に移転する。その後はお決まりの六課入り。
6月に完全版が出るらしい厨二ゲー、初版は即売りした残念内容だったけど今回のはDies同様に購入予定。
[PR]
by mosneko | 2012-03-25 20:00 | 二次創作紹介

オリジナル

ほぼコピペなので消えてるのもあるかも。ジャンル分けメンドイです。
最近消えた「金の娘と魔王の門」なんかは商業化かな?

ファンタジー
死神を食べた少女
お腹が減った。とにかく空腹の彼女は死の間際でも食べ物のことで一杯だった。そんな中、彼女の目に入ったのは鎌を振り下ろそうとする黒い影・・・つまりお肉の塊だった。その美食を堪能した後は、拾った鎌を武器にお金のため、つまりはご飯のために兵士として戦場を駆け抜ける。
食い物の為に命を掛け、劇的な戦果を得ていく。所謂成り上がり系かな?どことなくDARK QUEENに似ている。単純な無双ものだけど、少女、鎌、鮮血っていう素敵な組み合わせ。

剣戟rock'n'roll
死期を迎えた剣豪が、異世界の貴族令嬢に転生。両親は一向に縁談を受けぬ娘を旅に出すことにする。彼女は巷で噂になっている勇者殿に興味を抱き、自分の目に適えば切り結ぼうと物騒な考えの下行動していく。
まさに剣戟といった血塗れの戦闘シーンと、人の命があっけなく散るところが魅力。あとマゾーガたんが天使すぎてヤバイ。

Undivided
スキルありのゲーム系。
現実では許されないだが仮想では許される、そんな理由からPK(殺人)を楽しむ悪名高い主人公。彼はMMOの自キャラと同じ能力を持ち、突如異世界に足を踏み入れる。チンピラを纏め上げ巨大な組織を作り、ショ場代、賭場などまるでヤクザのような方法でのし上がっていく。
久しぶりの悪役系主人公。唯我独尊、利害重視、恐怖専制、このジャンルとしてはテンプレだが、黒紫英傑暗黒辺りが好きな人は堪らないと思う。

異世界で能力者は踊れない
現代(異能)→ファンタジー。
無能力者の少年が異世界に来たことで剣鬼へと変貌していく。
完結済み。最後は綺麗な〆だったので安心して読めます。

アイテム鑑定士の業務内容
どこか闇を抱えた柄の悪い鑑定士が、弟子を取った日から少しずつ変化していく。
今の展開も嫌いじゃないが、出来れば師弟の関係を続けてほしかった。

魔術師は甘え
地雷職の呪術師がソロで迷宮に潜る話。
使えないスキルで敵を倒すのも面白いが、なによりヒロインの可愛さがヤバイ。正直今まで読んだ中でも五指に入ると思う。

竜狩商売
武器設定やら世界設定やらどこぞの大賞に募集するような作品

妹可愛さに家を出た
妹に家督を譲るために家出、そして実力を付けて帰還というタイトルが序章で終了している話。

戦人の迷宮探索(仮題)
武器を持たない徒手空拳、しかもレベル差を無視して業だけで生き残っていくという設定も内容も面白い…が、序盤はちょっとキツイかもしれない。そっちに耐性がある自分でもギリギリの境界線です。それ以降は落ち着くと思うので、最初が耐えられれば問題なしでしょう。

名前のない怪物
バトルジャンキーな怪物と通訳さんの話。
主人公が女だと暫く気づかなかった・・・。

魔族の掟
異世界召喚で魔族に拾われる話。
戦闘が熱い。特にジャンキーがいいキャラしてる。

可愛い女の子が1回で9人くらい死ぬ話
作者的には可愛い女の子が出てくる話を書きたかったらしい・・・。
短編集といったかんじですが、どれもこれも血みどろな話。でも面白い、そして続きが気になるなぜだろう?

大魔王が倒せない
大魔王ちゃんが無双して無銭飲食をする話。
清清しいほどに最強。具体的には神を引きこもりにさせちゃうほど。

メイドと双子とサムライくずれ
機械人形と凶悪双子と侍モドキが旅をするお話。それぞれ戦闘力は高いのですが、仲が悪く協調性の欠片もありません。どことなくチャンプルーを思い出しました。

魔法使いと風精霊
魔力節約という詐欺紛いの方法で高位精霊と契約した主人公。そんなドラゴンキラーな凄腕剣士(まほーつかい)と世界に喧嘩を売れちゃう風精霊との夫婦漫才を楽しむ話。
他のヒロインが入る隙がないほどの熱々っぷり。

魂喰らいの怠惰な異世界生活
異世界来訪での異能ファンタジー。
他人の魂を喰らうことで経験や知識を自分のものでできる主人公。異世界に行ってもすることは変わらず。
努力<捕食という人生舐めてる設定。

五十音順に従って
短編集で1話のタイトルが五十音、あいうえ~から始まるという最後まで続くのか不安な話。
内容は各話バラバラだが、どの話にも共通してるのは混沌だということか。

Knight's & Magic
元プログラマーがロボットモドキを操縦するため成り上がる話。
戦闘シーンが熱い。

異世界遊び
異世界に転生した主人公だったが、没落貴族に生まれたため、親の期待を一身に背負い騎士団入りを目指すという話。読みやすいのと、ちょうどいい中二具合が堪らない。
西洋剣で居合いには笑ったw

エデン
基礎流派を淡々と鍛錬するマゾプレイヤーが主人公。
最弱だと思ったら最強でしたという大好物の話。ループ設定とか面白そうなネタはまだまだあるので期待期待。

チート勇者百万人に包囲されました
勇者に敗れた魔王だが、長い時を経て再び現世に舞い戻る。しかし現実は非常だった。勇者は子孫を増やしに増やしその数は100万人、しかも戦闘力は過去に戦った勇者を歯牙にもかけないというチート使用だった。始まって即詰まされた魔王様は降伏を申し出る。全ては勇者に逆転の一手を打つ為に。
というへっぽこロリ魔王様の物語。

ヌーディストドラゴン
人界に現れた竜神の生まれ変わりと、それに深く関わる男女の話。
タイトル見れば分かるのに1話から騙された。

喫茶店?いいえ茶屋です
異世界にて茶屋を経営。
とはいえ緑茶などに力を入れている以外は喫茶ものと変わりなし。冒険や現代知識を云々とは無縁で、客とのほのぼのメインの話。

スペースチャンバラNo.1
SFっぽい世界観で暴れまわるモヒカンども。そんな暴漢に旧時代の武器と称される刀で挑む無頼の話。
所々のネーミングがものすごいチープですが、話自体は綺麗にまとまっている不思議仕様。作者名を見て何故か納得した。

Appassionato
突然やってきた無表情の元お姫様。彼女はドラゴンキラーな凄腕魔法使いだった。
なんというか男の影が薄い、そして誰が主人公なのか分からない。

別の世界に転生またはトリップして蛇腹剣を振り回して無双する野郎の話
異世界へと転生した主人公。ドワーフの親父に鍛えられる中、蛇腹剣という色モノに目をつけた彼は修練の末にソレを使いこなすことに成功する。
ツェアライセン、アイリスの七番、蛇尾丸。たしかにロマン武器だけど、文章でアレの魅力を伝えるのは厳しいと思う。覇吐さんじゃないが、そのうち長剣として振り回すことが多くなると予想。

不幸少年は今日も頑張る
主人公は日々危険な目に遭う不幸な少年だが、それは結果として人助けになっていた。
感謝をされても悪い方向にしか受け止めないという、朴念仁より性質が悪い無自覚のフラグ職人。

転送先は死刑台
厨二行為を趣味とする主人公は、黒魔術の真似事で異世界へと来てしまう。そして突然現れたオッサンに姫を助けてほしいと土下座され、そのまま現場に強制転送、しかも転送先は処刑三秒前の死刑台だった。当然一般人が何とか出来る状況でもなかったが、どんな偶然か姫の魂を救い出すことに成功する(肉体的には死亡)。しかし幽霊となった姫は主人公がいなければ存在できず、現代への帰還を目的とする主人公は、姫の蘇生を目指し異世界を旅することに。

混沌
知ってる人は知ってる混沌シリーズ。
気づくと普通に全読してるハズレのないお話。

七大悪魔が現れた!!
神話ギャグ。
悪魔会議というかなんというか。残念な魔王がダベってバカやる話。

くやビク。~くやしい!でもビクンビクン~
ツンデレというものを極める話。あとがきに笑ったw

勇者と沼女
マゾ勇者と釣り女。

剣持つ男と謳う女
まだまだ序盤で話も見えないが、定期確認の価値はありそう。



人外もの
Re:Monster――刺殺から始まる怪物転生記――
モンスターに転生し弱肉強食の世界を生き抜く話。
主人公は他者を喰らい能力を得ることが可能で、他の固体とは別格の強さとなる。さらに群れの頂点に立つと、群れ全体の底上げや、外部への遠征など様々な方法で勢力を拡大していく。

ゴブリンの王国
現代人がゴブリンに転生する話。ゴブリンという種のスペックが低いため、戦闘の大半は劣性。正面から戦うと絶命必死なため、罠を作るなどして強者を倒していく。
好物の人外転生、あとは人間と必要以上に馴れ合わなければ…。

小さなトカゲの話
トカゲに転生した現代人がダンジョンで成長していく話。

骨の王の物語
デスゲームになるのかな?
スケルトンに憑依した主人公が、仲間を指揮し冒険者を討ち取る話。
恋愛要素が欠片もないことや、骨を組み合わせて異形の兵隊を作るあたりが面白かった。

ゴブリンキングで行こう
珍しくモンスターがモンスターをやっている話。

 はレベルが上がった!
ゲームっぽいファンタジー世界で、どこかで見たような人間がモンスターに憑依する話。
作者はeraSSで有名な紺菜さん。

どらぽんっ!~ドラゴンたぬきのポン太郎
ドラゴンと狸のハーフであるポン太郎・ザ・ドラゴン。後半の名前とは裏腹にその姿は完全に狸そのもの。そんななんちゃってドラゴンが異種ハーフな姉といちゃつく話。
普通に狸なので戦闘とかは起こらない。個人的にフウ姉が好みかな。



過去、歴史もの
鬼人幻燈抄
今は昔、徳川の時代。江戸にある一軒の蕎麦屋に鬼の討伐を専門とする浪人がいた。刀一本で鬼を切り伏せる剣豪だったが、それを成すのは正義の為ではない、彼にはある秘密があったのだ。それは彼自身が鬼という人外の存在で、同胞を殺すのも『力』を手に入れる為という歪んだ理由からだった。しかし時は幕末、そのような思惑など関係なしに飛び込んでくる怪異の事件。彼は今日も一杯の蕎麦を食べ鬼退治に出かける。全てはある目的のために。
今まで読むのを保留にしてたけど、いざ読んでみると驚くほどに面白い。感想の桁が違ってるんじゃないかと思えるほどには良作でした。内容も剣戟異能バトル一辺倒かと思いきや、怪異のを解き明かす推理的な面、事件の真相と複線の回収など、次々に箸が進み食後の一杯も申し分ないという素敵使用です。個人的には兄の失踪事件がオチ、複線ともに最高でした。
序盤の微鬱(NTR未遂)展開で読むのを止める人が多いのでは?そこで切るには惜しすぎる作品なのでぜひ読んでほしい。某比良坂さんじゃないが、そのうち商業化しそうな雰囲気も。

源平剣豪伝
五条の大鬼、京の夜叉、紗那王。三匹の化生が交わるとき物語の幕は開ける。
魔改造厨二時代劇だが凄い面白い。戦闘の迫力や人物設定など魅力を挙げると限がない。

幼女戦記Tuez-les tous, Dieu reconnaitra les siens
異世界に転生、周りを見渡せばまるで大戦中の某帝国。
そんな時代、待遇のよさから軍に仕官した幼女殿。勘違いが勘違いを呼び、戦争狂、狂犬、死神と素晴らしい二つ名を得ていく。そんな恐ろしい我らが上官殿が、大戦末期の戦場を駆け抜けるお話。
ルーさんの如く戦功を重ねていく姿は圧巻。というか功績だけ見ると総統閣下との面識があっても不思議じゃない。

淳于瓊☆伝
三国時代に転生。
淳于瓊となった現代人が知識を活用し成り上がっていく話。
恋姫以外の三国志は新鮮・・・と数年前から考えると信じられない話だと思った。

夜叉九郎な俺
戦国時代に転生。
猛将戸沢盛安となった主人公。史実の自分が有能すぎるので将来に不安を抱く。
マイナー武将なので人気が…。

戦国の魔術師
似非戦国ファンタジー。戦国時代に逆行+大名が女+魔法あり。
逆行に巻き込まれた思い人を探すため、織田家に仕官し戦場に立つ。本人に力はありませんが、ICレコーダによる詠唱の録音と高速再生を武器に戦います。
戦国と魔法という混沌の国が思い出される作品。



現代もの
友達がいなくて昼休みが辛い……
友達がいない主人公が友達を作るため奔走する話。
文章力もあり話がテンポも良く進むので、驚くほど「読める」。
商業作品とまではいかないだろうが、それに準ずる出来だと思います。

INSANITY∴C
クトゥルフ×変身ヒーロー。
主人公は事故によって2年の間意識を失い、そのとき夢の中で謎の少女に出会った。その後奇跡的に目は覚めたが、余所余所しくなった幼馴染や医療費の問題で半ば現実逃避染みた療養生活を送ることになる。しかしそんなある日彼に機転が訪れる、そう夢の少女と現実で遭遇したのだ。まるで冗談のような話だったが彼は再会を喜んだ。…彼女の付き人の背後に異形の影を見るまでは。
序文の変身展開にワクワクするし、本編では徐々に狂っていく日常がうまく書けていると思います。まだ序盤ですが今後に期待です。

氷天の波導騎士
過去に異世界に召喚された二人の元勇者。無事に帰還した彼らだが、現代の平凡な日常に物足りなさを感じていた。
そんな時発生する通り魔事件、そして超能力者との会合。彼らは嬉々として関わっていく。
勇者同士の掛け合いが面白い。

常識君の非常識な日常
現代ファンタジーやらジャンル的な縛りはなし。
とにかく非日常に巻き込まれる主人公。しかも寸止め。

エスエス
題名通り、そうだSSを書こう!という話。
読んでいて思ったが、この作品自体も設定(素材)は面白い。ここからの料理次第で評価が分かれそう。

俺のタバコがこんなに可愛いわけがない
タバコからラッキーストライクの精霊が現れた。よくある擬人化もの。
値上がり前にカートン買いした奴は負け組みだと信じてる。

【New Born Virus】【壊落薬】
ある狂化学者の作り出した薬物「New Born Virus」によって未来の予知と超人的な身体能力を得た主人公。しかし彼の視た未来では自身はある女によって殺され、同じ手で人類までもが滅亡していた。予知を可能とさせる魔薬は適性のないものを人外の怪物に変えてしまう恐ろしい力を持つ、それを彼女は世界中にばら撒いたのだ。そんな禁断の知識を得てしまった彼は、女の妹を名乗る少女とともに未来を変える為行動していく。
タイトル的に期待せずに読んだら予想外、凄く面白い。所々複線もあり、先の展開を楽しめるのもよかった。ただ序盤に見知らぬ単語が飛び交うので早漏の人は地雷認定してしまうかも。

虫っ娘ぱらだいむっ!
何故か人間に変身する主人公の周りの虫。しかも現れるのは美女美少女ばかり、生物オタクの主人公はリア充への一歩を踏み出すのだった。
擬人化のラブコメ。虫が苦手な人は妄想力でカバー。

DAYDREAM
珍しいダーツを題材とした作品。
分かりやすいよう説明から入ってくれるので知識がなくても読めました。

大罪のゲーム
自称神に集められた少年少女たち。彼らの共通点は他者よりも欲望が強いこと。欲望を力に変えるという能力を与えられた彼らは、その欲深さゆえに殺し合いを開始する。
最初から絶体絶命という面白い走り出し。

ハスターもの
クトゥルフもの。微妙な勘違いをした少年が異形と関わりを持っていくお話。
太郎っぽいようなそうでもないような・・・。
[PR]
by mosneko | 2012-03-20 16:24 | まとめ

最近話題がいろいろ

にじふぁんの規制問題
該当の原作を見たけど、ほぼ壊滅じゃね?ランキングの常連さんを見ても衰退どころか完全に終わっただろ…。今回の出来事は、夜華、ネギまのベル、火郡、これらと同じく歴史の1ページとして刻まれることでしょう。

でも沈んだ話題とは逆に理想郷が混沌としてきたw
難民が移動してきたらしいですが分かりやすいタイトルが多すぎですね。テンプレの神様転生系が大半とはいえ、最近の理想郷は過疎り気味でしたし活気が出るのは嬉しい限りです。たとえ文章力が低くても熱意があれば自然とレベルは上がると信じてます。
しかし前書きだけ、設定だけの作品は酷すぎ、せめて本編を書いてから投稿しろよと…。

あと気になったことだけど、感想の質が悪すぎるのも如何なものか。
内容に対する意見より人格的な誹謗中傷が先に来るって…。ある意見で「にじふぁんは作者のレベルが低い」とありましたが、現状では「理想郷は読者のレベルが低い」と思われてもしかたないと思います。煽って流入が止まるわけでもないんだから大人の対応をしてほしいですね。
しかし一方で以前に比べると文章に対してのアドバイスが増えたようにも感じられます。それを素直に聞いて改善してる作者さんとのやり取りを見て心が温かくなりました。バカ話で盛り上がったり、手放しの賞賛も悪くないけど、本来の感想板はこうあるべきなんだろうなと思った今日この頃です。


Dies irae~Amantes amentes~
まさかのOPが公開、もっと引っ張ると思ったので意外でした。
そして肝心の内容ですが、まず目を引くのはアニメーション。lightとしては初になるのかな?お世辞にもいい出来といえないですが、動くユウスケ絵を見れて感動しました。例のダンダリアンは完全に別の絵でしたからね…。
そしてラストの流出三つ巴CG。太陽系を展開させた水銀に、ヒャッハーしてる獣殿、そして夜刀と終曲の中間のような練炭。正直これ一枚で購入決定するほどにはテンションが上がりました。
純粋に考えれば螢アフターなんでしょうが、本編後にここまで持っていくのは加筆の限度を超えてると思います。
考えられるのは…
①螢√からの分岐でスケルツォの流出
②ジークフリンデの未来視
個人的に②の可能性が高いように感じます。Verfaulen segenの話も絡ませられるし、深く言及せずにCG1枚で事足りるし、まあ当たって欲しくない予想ですが。もう太陽さんの加筆を削ってもいいから完全な螢アフターが見たい。
あとPCへの移植は嬉しい、でもlightって態とやってるのかって位印象悪くしてるよね。
ではいつもの紹介。

鬼人幻燈抄
オリジナルの妖怪時代劇。
今は昔、徳川の時代。江戸にある一軒の蕎麦屋に鬼の討伐を専門とする浪人がいた。刀一本で鬼を切り伏せる剣豪だったが、それを成すのは正義の為ではない、彼にはある秘密があったのだ。それは彼自身が鬼という人外の存在で、同胞を殺すのも『力』を手に入れる為という歪んだ理由からだった。しかし時は幕末、そのような思惑など関係なしに飛び込んでくる怪異の事件。彼は今日も一杯の蕎麦を食べ鬼退治に出かける。全てはある目的のために。
今まで読むのを保留にしてたけど、いざ読んでみると驚くほどに面白い。感想の桁が違ってるんじゃないかと思えるほどには良作でした。内容も剣戟異能バトル一辺倒かと思いきや、怪異のを解き明かす推理的な面、事件の真相と複線の回収など、次々に箸が進み食後の一杯も申し分ないという素敵使用です。個人的には兄の失踪事件がオチ、複線ともに最高でした。
序盤の微鬱(NTR未遂)展開で読むのを止める人が多いのでは?そこで切るには惜しすぎる作品なのでぜひ読んでほしい。某比良坂さんじゃないが、そのうち商業化しそうな雰囲気も。

INSANITY∴C
オリジナルのでクトゥルフ×変身ヒーロー。
主人公は事故によって2年の間意識を失い、そのとき夢の中で謎の少女に出会った。その後奇跡的に目は覚めたが、余所余所しくなった幼馴染や医療費の問題で半ば現実逃避染みた療養生活を送ることになる。しかしそんなある日彼に機転が訪れる、そう夢の少女と現実で遭遇したのだ。まるで冗談のような話だったが彼は再会を喜んだ。…彼女の付き人の背後に異形の影を見るまでは。
序文の変身展開にワクワクするし、本編では徐々に狂っていく日常がうまく書けていると思います。まだ序盤ですが今後に期待です。

天才どもの煉獄
エヴァのキャラを使った碁のSS。
親に捨てられ施設でいじめられて育った碇シンジ。彼は唯一の才能である碁を使い、賭け試合で生計を立てていた。そんな折、あるプロ棋士が対局を申し込んでくる。仕方なしに始まった対局だが、プロの本気を前にシンジは破れ、賭けの禁止と弟子になることを強要された。後に囲碁界を揺るがす大物、これが彼の起点にして捨て去った他者との関わり取り戻す始まりだった。
一言、エヴァでやる必要がまったくない。話の展開どころか性格も別物ですので、ほぼオリジナルの作品として見ていいと思います。内容は最強系、とんでもなく強いシンジ君が相手をボコボコにする話。相手の泣く顔が大好き、SでもありMでもある変態さんです。

虫っ娘ぱらだいむっ!
オリジナルの擬人化ラブコメ。
何故か人間に変身する主人公の周りの虫。しかも現れるのは美女美少女ばかり、生物オタクの主人公はリア充への一歩を踏み出すのだった。
擬人化のラブコメ。虫が苦手な人は妄想力でカバー。

御坂「とらっ!」一方通行「ドラァあああっッ!!??」
とらどらのストーリーを禁書のキャラでやってみる話。
周囲からは白い悪魔と恐れられ、その目つきの悪さから不幸が絶えない一方通行。時期は新学期、そんな彼が出会ったのは電撃姫と称される御坂美琴。当初は険悪な二人だったが、その後紆余曲折があり彼は美琴から相談を受ける。それは意中の相手を射止めるための協力だった。
ネタかと思えば以外にも違和感がない。タイトルに反して文は台詞形式でないので、苦手な人でも大丈夫だと思う。でも三下さんとのカプを求める人には向かない話かな。

フェイトさんレイブです
なのは、食について。

戯志才伝的なもの
恋姫のオリキャラ。原作で偽名としてだけ登場した戯志才の話。
引きこもって写本をするのが趣味の主人公。そんな彼の元に曹操の指南役という仕事が舞い込んでくる。

七大悪魔が現れた!!
オリジナルの神話ギャグ。
悪魔会議というかなんというか。残念な魔王がダベってバカやる話。

赤ペン先生久門
ネギま!でオリ主。
文字通り赤ペン先生が生徒を指導。もちろん大事な生徒を傷つけるものには容赦がありません。
ペンは剣より(ry

コズミック変態がまどかに告白したようです
マギカ×Dies、色々共通点が多いクロスもの。
女神となったまどかにニートが心を奪われる。そして現代では藤井蓮の退院の日、そこに駆ける一人の少女が。
時系列?過去も未来も内包するヤツに何を今更。

くやビク。~くやしい!でもビクンビクン~
オリジナルの学園ファンタジー。あとがきに笑ったw

大罪のゲーム
オリジナルのバトロワ。
自称神に集められた少年少女たち。彼らの共通点は他者よりも欲望が強いこと。欲望を力に変えるという能力を与えられた彼らは、その欲深さゆえに殺し合いを開始する。
最初から絶体絶命という面白い走り出し。
[PR]
by mosneko | 2012-03-18 06:00 | 二次創作紹介

愛を貫きたければ正気を捨てよ

最近の傾向
にじふぁんの新着順⇒面白そうな作品を発見⇒ランキング上位に⇒紹介する必要なくね?
てなことがあったが開き直った。もう適当でいいよね。
それよりもだ、
a0134920_425394.png

Dies irae ~Amantes amentes~
今更だがCSの練炭が素敵。残念な立ち絵ともおさらば出来るのかな?
売り方は汚いけど買ってしまう、これが信者か…。では以下いつもの。

【New Born Virus】【壊落薬】
オリジナルの現代?ファンタジー。
ある狂化学者の作り出した薬物「New Born Virus」によって未来の予知と超人的な身体能力を得た主人公。しかし彼の視た未来では自身はある女によって殺され、同じ手で人類までもが滅亡していた。予知を可能とさせる魔薬は適性のないものを人外の怪物に変えてしまう恐ろしい力を持つ、それを彼女は世界中にばら撒いたのだ。そんな禁断の知識を得てしまった彼は、女の妹を名乗る少女とともに未来を変える為行動していく。
タイトル的に期待せずに読んだら予想外、凄く面白い。所々複線もあり、先の展開を楽しめるのもよかった。ただ序盤に見知らぬ単語が飛び交うので早漏の人は地雷認定してしまうかも。

Fate/Zero -Irregular shuffle-
Zeroのケイネス先生の性格、設定を改変したもの。ついでにオリキャラ転生。
ケイネスに妹的な存在がいて、その人物に恋し失恋していたらという過去改変。挫折を味わったことにより人間的に一皮向け、ソラウへの執心やランサーへの嫉妬は発生せず。また過去に惚れた相手にいいところを見せたいと修練を重ねたため、実力のほうも大幅上昇。名実ともにロードと呼ぶに相応しい超絶イケメンに成長しています。
面白いんだが更新が止まっている。まあオリキャラが転生系だった辺りから雲行きが怪しかったのだが。

GSメドヨコ従属大作戦!
GSの原作再構成。物語終盤からの派生かな。
月での戦闘が終わる間際、横島は宇宙空間でメドーサを相手取るも大気圏突入という不幸により降伏をする。その後は彼女に脅され共同事務所を運営することに。
何だろう…うまく言えないけど懐かしいと感じた。久しぶりのGS作品ってのもあるけど、それでも数年前の作品を読んでる気分になった。最近で更新が続いてるのだとruinとかがあるが、それと比べても古い香りは段違いに強い。

IS 〈インフィニット・ストラトス〉 Reopen ~ 忘れずの君へ~
ISで再構成。一夏が過去に束と仲良くなっていたら。
物語の進行は原作沿い、だけど国家代表の振り分けや一夏の性格が変わっていたりと細部が異なる。中でも、もっぴーがヤンデレ風味なのが際立つかな。
他作品と繋がりがあるらしいが、知らなくても楽しめました。

織斑一夏の逃亡日記
ISで題名どおり。
IS学園への入試でISを起動させてしまい、それに動転して逃亡してしまう。その後追ってのISを撃墜するなどして晴れて賞金首に昇格。そして出会うのは諸悪の根源たる篠ノ之束だった。
起点と進行は良かったんだけど終わり方が微妙かな。もうちっと続いてほしかった作品。

魔眼転生記―NINJA―伝
NARUTOのオリ主。
日向とうちわの混血である主人公がチート眼を駆使し頑張る話。
序盤だけど今後に期待。

夜叉九郎な俺
オリジナルの戦国もの。
猛将戸沢盛安に転生した主人公。史実の自分が有能すぎるので将来に不安を抱く。

銀トラ伝
銀英伝でオリ主、勢力は同盟。
猪突猛進、頭のネジのユルんだ男と評される転生仕官の物語。
銀英伝を読んでいたと思ったらバイオの二次創作を読んでいた、何を(ryテンプレを外れるのは大歓迎なんだが、この方向はどうなんだと笑ってしまったw
それとトリューニヒトが部下ってのが面白い。何気に初なんじゃないか?

死神を食べた少女
オリジナルのファンタジー。
お腹が減った。とにかく空腹の彼女は死の間際でも食べ物のことで一杯だった。そんな中、彼女の目に入ったのは鎌を振り下ろそうとする黒い影・・・つまりお肉の塊だった。その美食を堪能した後は、拾った鎌を武器にお金のため、つまりはご飯のために兵士として戦場を駆け抜ける。
食い物の為に命を掛ける主人公。単純な無双ものだけど、少女、鎌、鮮血っていう素敵な組み合わせ。

チート勇者百万人に包囲されました
オリジナルのファンタジー。
勇者に敗れた魔王だが、長い時を経て再び現世に舞い戻る。しかし現実は非常だった。勇者は子孫を増やしに増やしその数は100万人、しかも戦闘力は過去に戦った勇者を歯牙にもかけないというチート使用だった。始まって即詰まされた魔王様は降伏を申し出る。全ては勇者に逆転の一手を打つ為に。
というへっぽこロリ魔王様の物語。

混沌王は異界の力を求める
メガテンⅢとリリカルのクロス。
更なる力を必要とする人修羅は、偶然手に入れたレリックと同質のものを求め管理世界へとやって来た。彼と接触を持った六課は、無限書庫の使用と引き換えにレリックの移譲を求め、同時に局員としてもスカウトする。
[PR]
by mosneko | 2012-03-11 04:14 | 二次創作紹介


SS紹介メインのブログ
カテゴリ
全体
二次創作紹介
まとめ
未分類
ブログパーツ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧